業務用エアコンメーカーの特徴

HOME » 業務用エアコンの選び方 » 業務用エアコンメーカーの特徴

業務用エアコンメーカーの特徴

業務用エアコンを導入するときに悩みどころのひとつになるのが、「どのメーカーの製品にするか?」だと思います。
これは業務用エアコンに限らず電化製品を導入するときには誰もが考えることですし、それぞれの特徴をしっかり把握しておくことは必要です。
そこでここでは業務用エアコンの主要メーカー3つの特徴を紹介していきますので、導入にあたっての検討材料にしてください。

まずひとつめは「ダイキン」で、このメーカーのもっとも大きな特徴は「センシングフロー」システムで、これは業界初の人検知と床温度検知の2つのセンサーと4方向の風向独立制御で、室内の状況を常に「センシング」できるようになっています。
夏場など風が常に当たり続けると寒くなることも多いですが、ダイキンの業務用エアコンならそういった点も配慮できます。

次に日立も知名度の高いメーカーで、ここの大きな特徴は何と言っても「省エネ」で、人の動きに応じて空調の調整ができるシステムとなっているため、無駄な運転をすることがありません。
飲食店のように人の流れがある場所ではこういった調整ができると助かる点も多いので、人気を呼んでいます

最後に紹介するのが東芝で、ここの業務用エアコンは業界初の「セルフクリーン機能」を搭載しているところが大きな特徴です。
業務用エアコンは常時運転させているところも多く、その分汚れもすぐに溜まってきますが脂汚れなどのしつこい汚れもしっかり洗い流してくれるので雑菌の繁殖を防ぐことができます。
ほかにも業務用エアコンを扱うメーカーはありますので、それらの情報も仕入れて比較してみてください。