業務用エアコンリースのメリット

HOME » 業務用エアコンの選び方 » 業務用エアコンリースのメリット

業務用エアコンリースのメリット

業務用エアコンの導入方法は大きく分けてリース・レンタル・購入に分けられると思いますが、もっともおすすめされている導入方法はリースです。
それではなぜリースでの導入がおすすめされているのか、ここではそのメリットについてお伝えしていきたいと思います。

まずはじめに業務用エアコンは購入するとなるとかなり高額なコストを一度に支払わなければならず、そのお金を用意できるところも限られます。
安くても300,000円前後かかるのは確実ですし、高ければ5,000,000円を超える製品もありますから、そこに設置料も加わるとなるとかなり大きな痛手となります。
しかしリースであれば初期費用がほとんどかかりませんので、大きなコストの負担を強いられる心配がありません。

またリースは経費として扱うことができるので節税にも繋がりますし、動産と同じ扱いになりますから万が一トラブルがあっても保険契約を結ぶのでその点も安心です。
たとえば急な災害に見舞われて業務用エアコンが壊れてしまっても保険が適用されて修理が無料になります。
もし購入していればここにかかるコストも自分たちで負担しなければならない可能性がありますから、大きなメリットと言えるでしょう。

さらにリース期間は5年から7年程度と長期間が一般的なので、その間使い続けることができますし、契約期間が終わっても再更新できるところがほとんどです。
再更新するとリース料が安くなるサービスをしている会社も多いですから、導入にあたってお得なところを見つけると良いでしょう。
このようにリースは業務用エアコンの導入に大きなメリットをもたらしてくれます。