業務用エアコンを中古で購入するメリット

HOME » 業務用エアコンの選び方 » 業務用エアコンを中古で購入するメリット

業務用エアコンを中古で購入するメリット

飲食店など空調が必要になるところでは業務用エアコンを導入する機会が必ずありますが、これを購入する場合一番問題になるのがコストです。
業務用エアコンを新品で購入すると安くても300,000円程度はかかりますし、高いものだと5,000,000円超えるものもめずらしくないので、導入にあたって大きなコストを負担することになります。
この問題はオーナーにとって頭の痛い問題ですが、必ず必要になるものなので導入しないわけにもいきません。
そこでひとつの選択肢に「中古で購入する」というのがあげられます。

業務用エアコンを中古で購入すると聞くと、「本当にうまく起動するの?」「かなり古いものなのでは?」というイメージを抱くかもしれませんが、最近の業務用エアコンの中古製品はかなりバリエーション豊かになっています。
と言うのもエアコンに限らず電化製品は新しいものが登場するサイクルが非常に早く、エアコンはシーズンごとに新しいものが出るので中古の中にはつい最近販売されたものもよくあるからです。
したがってそういった製品を選べば通常新品で購入するよりもずっと安いコストで導入できますし、中古製品を専門的に扱っているところでは保証も充実しているので使いはじめてからトラブルが起こっても安心です。

また最近の製品は省エネになっているものが基本なので電気代も節約でき、長い目で見ると導入して良かったと思える点が多いです。
このように中古の業務用エアコンを導入するメリットは意外と多いですから、そういう機会が訪れたらひとつの選択肢として十分に考えてみてください。

業務用エアコンはリースもお得

業務用エアコンを安く取付したい気持ちは分かりますが、中古の業務用エアコンは省エネではないためリース契約という選択もあります。業務用エアコン大阪府の新空調ではリースも対応していて良心的です。

業務用エアコンの温度・除湿・室外機スペースの疑問を解決

業務用エアコンで大切なのは定期的な点検
業務用エアコンを長く、安全に使用するために一番重要なことはどのようなことなのでしょうか?最も大切なことは、定期的な保守点検を行うということです。オフィスや店舗に導入してから1度も点検やメンテナンスをしたことがないという人もいるかもしれません。

しかし、業務用エアコンを長く使用するためには必ず定期的なチェックがかかせません。冷媒の漏れがないか、配管の腐食、振動、異音などがないかなどをチェックする必要があります。もしもこのようなトラブルがあったとしても早期発見出来れば、少ない修理で済むという可能性が高くなります。一番いけないのは、そのまま放置してしまうということです。

定期的な点検やメンテナンスが重要であると認識していてもなかなか自分ではできないという人もいるでしょう。そのような場合には、費用はかかりますが安全のためにも専門の業者に依頼をして定期的にチェックをしてもらうようにするとより、安心して業務用エアコンを使用することが出来ますよ。業務用エアコンの内部の清掃など出来る部分は自分で綺麗にしておくとさらによいでしょう。汚いままにしてしまうと、故障の原因にもなりかねません。

業務用エアコンの温度はどうすればいいの?
業務用エアコンを運転している時に、ちょっと気になるのが設定温度についてです。皆さんの店舗やオフィスでは設定温度を何度にしているでしょうか?一般的には、夏の場合の設定温度は28℃。冬の場合には20℃という風に言われています。しかし、その日によって気温も異なりますし、とくに最近の夏場は猛暑が多く、28℃では暑すぎるという場合もあります。設定温度は推奨されている温度を何が何でも守るというのではなく、状況に応じて変えるようにするのが一番よいでしょう。設定温度はリモコンから簡単に変更することが出来ますので、自動などにして運転しておくようにするのもおすすめですよ。体調を崩さないような温度設定が大切です。

業務用エアコンの除湿はとても有効
業務用エアコンの機能には、冷房、暖房の他にも除湿などの機能がついています。除湿機能をあまり使ったことがないという人もいるかもしれませんが、これはとても大切な機能です。夏は湿度が高いとじめじめとするので、どうしても室温が高く感じられてしまいます。そのため、業務用エアコンの除湿機能を使って、湿度を下げるようにすることで自分の感じる体感温度を下げることが出来ます。こうすることで、電気代の節約にもつながります。今までは、おそらくほとんどの人が冷房と暖房しか使っていなかったでしょうが、ぜひ夏場などにはこの除湿機能も使ってみるとよいでしょう。とても有効な機能ですので、おすすめです。

業務用エアコンの室外機のスペースについて
業務用エアコンを設置する際に、多くの場合室内機をどこに設置するかについて迷う人が多いでしょう。たしかに、どこに設置するかはとても重要です。しかし、それと同じくらい大切になるのが、室外機の設置場所、スペースについてです。どこでもよいのではないか?と考えている人もいるかもしれませんが、直射日光のあたる場所や、周りに色々な物が置いてあるような場所に置くと、上手く熱交換をすることが出来ずに、非常に効率が悪くなることや業務用エアコンの寿命を縮めてしまうという可能性もあるのです。

置くスペースはしっかりと確保して、出来る限り効率的に熱交換を行うことが出来るように風通しをよくしておきましょう。物などを置いてふさがないようにすることが重要です。